豊橋〜豊川のいろいろな情報を投稿しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
化石燃料と再生可能エネルギー
 化石燃料とは、1億年以上前の地中に埋もれた動植物が時間をかけて変化してできた燃料で、石炭、石油、天然ガスなどのこと。
18世紀、イギリスで始まった産業革命では、石炭を燃料とする蒸気機関車の発明から、飛躍的に石炭が燃料として使われるようになりました。
20世紀後半には、燃料は石炭から石油の時代へと変化し、先進国の大きな経済成長により、エネルギー消費が急増しました。

続きを読む >>
Posted by : ap8 | 環境 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
原子力発電
 原子力発電とは、ウランなど核燃料が原子炉の中で核分裂するときに出る高温・高圧の蒸気を利用して発電することです。
日本では、1966年に東海発電所が最初に原子力発電を始めました。
ウランはオーストラリアやカナダなど政情の安定している国からの輸入のため、安定的に供給確保ができ、ウランによる原子力発電はエネルギー効率が高いことから、日本のエネルギーの重要な位置を占めるようになっています。

続きを読む >>
Posted by : ap8 | 環境 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
太陽エネルギーと風力発電
 再生可能エネルギー(自然エネルギー)は、化石燃料とは違い、太陽が照り続ける限り枯渇しないエネルギーです。
現在、地球温暖化抑制の対策として導入が図られています。


続きを読む >>
Posted by : ap8 | 環境 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP